ATELIER SAZANCA official site category

「クラシカル」をコンセプトに、ハンドメイドで産み出される手作り腕時計。
「大人が遊ぶ」をテーマに、ハンドメイド製品の手作り腕時計があなただけの時を刻みます。

ATELIER SAZANCA NEW WATCH

12月よりららぽーとTOKYO-BAYで販売の限定ハンドメイドウォッチ


船えもんウォッチ

ふなばしセレクション認証1周年を記念した、船橋市のゆるキャラ「船えもん」の手作り腕時計。
文字盤はきらきら光る洋紙を用いており、優しい印象の中にラグジュアリー感を表現しました。
ベルトは黒色に紺色ステッチとなります。
各メディアに掲載され、人気を博す船えもんの手作り腕時計。
ハンドメイドだからこそ柔らかい印象が船えもんとベストマッチしております。
ぜひ船橋市観光協会に足をお運びいただき、ご覧ください。

木製腕時計

一松工芸製作、ATELIER SAZANCA監修の木製の手作り腕時計
2017年10月に東武百貨店船橋店でのATELIER SAZANCA手作り腕時計期間限定ショップでご好評をいただいたデザインを一新したブラック調の木製の手作り腕時計です。
ハンドメイドの極意を極めたこの手作り腕時計。
上記2点はららぽーとTOKYO-BAY西館1階船橋市観光協会で12月より限定販売しております。

ATELIER SAZANCAが手作り腕時計(ハンドメイド)を始めた経緯

ATELIER SAZANCA(アトリエサザンカ)の成り立ちをここで少しご紹介したいと思います。

ATELIER SAZANCA創業者は「人と腕時計が被った」という経験から「世界に一つだけの腕時計」を造ってくれるブランドはないかと探し出しました。
ですが、一点から造れるブランドはありませんでした…
オリジナルの時計が造れるブランドはありましたが、100個からの注文だったり、出来上がっているデザインから選んでカスタムするなどといったオーダーメイド。
「だったら自分で腕時計を手作りしよう」という考えからハンドメイドで「手作り腕時計」を造ることにしました。

当初は趣味で始めた手作り腕時計。
ハンドメイドもほとんどしたことがありませんでした。
そもそも「ハンドメイドってどうやればいいの?」そんなハンドメイドレベルでした。
でも、自分で研究や実験を繰り返し、ようやくハンドメイドで完成させて第一号手作り腕時計。
それを個人的に書いていたブログにその手作り腕時計を写真付きで載せると、
「素敵」「かっこいい」というコメントを頂くようになりました。
そしていつしか、素人だった人間が造ったハンドメイドウォッチを「欲しい!」と言ってくださるお声まで。
これがATELIER SAZANCA(手作り腕時計)の成り立ちです。

現在、ATELIER SAZANCAは伊勢丹新宿本館や東武百貨店船橋店で期間限定の手作り腕時計販売会を行うようにもなり、各メディアにも手作り腕時計(ハンドメイドの技術)を幅広く取り上げていただいております。
そして「ふなばしセレクション」に認証され、船橋市公認ブランドとなっております。

ATELIER SAZANCAは機械で製作したり、型を用いて鋳造したりはしません。
レンズや裏蓋までひとつひとつを手作りでハンドメイドを行います。
手作り腕時計ですので、1日に製作できる数には限界があります。
また、手作りだからこそ自由なアレンジが可能です。
手作り腕時計の魅力は、まさにこの部分だと思います。
また、「腕時計」を製作しているという概念はありません。
「手首に着けるブレスレットに時計という機能がある」
そんな考えで製作していますので、中には時間が少し見づらい時計もあります。
機能よりもデザインよりも、「一点もの」、そして「ハンドメイド」これらを第一に考えておりますので、一点ものをお楽しみいただければ幸いです。

最後に、どんな素晴らしい製品よりもハンドメイドのぬくもりあふれる手作り感が、最高の芸術美だとATELIER SAZANCAは考えております。

ATELIER SAZANCA手作り腕時計各シリーズ

>>懐中時計はこちらをご覧ください。

ATELIER SAZANCAの手作り腕時計は、時計ケース(ガワ)やベルトだけでなく、レンズや裏蓋までも手作り(ハンドメイド)します。
だからこそ産み出される手作り腕時計は、どこか優しい気持ちにさせてくれます。