手作り腕時計の作り方

夏本番。

そんな暑い日々が続いています。

こんな暑い日は、ATELIER SAZANCAのアトリエで腕時計を製作してみてはいかがでしょうか?

>>ATELIER SAZANCAの腕時計教室はこちらからご覧ください。

 

今日は、ATELIER SAZANCAの腕時計の作り方を少しご紹介いたします。

旧ブログではたまにご紹介しておりましたが、こちらではまだご紹介しておりませんので、ご紹介したいと思います。

 

ATELIER SAZANCAの腕時計は、金属の板、そして一枚の牛革から加工や裁断、研磨して製作していきます。

出来ているパーツは、ムーブメント・針・リューズのみとなります。

文字盤も一枚の板を加工するところから始まります。

またレンズやバックル、裏蓋も一つ一つ手作業で製作します。

金属の板と言ってもわかりにくいかと思うので、写真でご紹介いたします。

 

この金属の板は真鍮。

ATELIER SAZANCAでは主に真鍮で時計を製作します。

たまに他の金属を用いることもございます。

この金属の板を裁断し、加工していきます。

加工中の写真です。

 

このように、木の型枠にはめて、形を形成していく、根気のいる作業です。

綺麗な四角にするには、熟練された技術が必要。

そして、四角い腕時計を作る場合、四角いレンズや四角い裏蓋も製作しないといけないので、技術力が問われます。

四角にした時計本体です。

 

ご覧のように綺麗な四角が誕生しました。

レンズと裏蓋の製作もご紹介したいのですが、こちらはシークレットな部分ですので、ご紹介は省かせていただきます。

ちなみに、体験教室の上級コースご受講いただきますと、そちらを習得することが可能です。

 

次に、ベルトの作成。

ベルトは現在ATELIER SAZANCAでは全18色から製作が可能なので、文字盤のイメージに合わせ、製作します。

なので、こんなカラフルなベルトも可能です。

 

色が綺麗だと気分もハイになりますよね!

今回製作している腕時計は落ち着いたレディースウォッチなので、このような色にいたしました。

 

特殊配合を行ったエンジ色です。

先ほど、全18色と言いましたが、特別な配合を行い製作する時もあるので、たくさんの色を製作が可能なんです。

ATELIER SAZANCA独自の技術。

このことにより、今まで色々な色のベルトを製作しました。

 

別角度から見ると、また違って見えますよね。

このあといよいよ文字盤の製作。

文字盤と言えば大切な針

 

針は手作業で乗せます。

この時、針乗せが初めての方だと、ムーブメントを壊したり、数時間頑張っても乗せられないとても難しい作業になります。

文字盤を時計本体と組み合わせると、こんな感じになります。

 

素敵なクラシカルな時計が完成してきました。

大人の女性にピッタリのデザイン。

そしてベルトと組み合わせるとこうなります。

 

後はステッチを手縫いで縫い、組み立てれば完成です。

 

どうでしたか?

ATELIER SAZANCAの生産の流れが少しわかっていただけたかと思います。

ATELIER SAZANCAでは発足当時から一貫してこの生産方式を取っております。

中には、時計本体を鋳造(型を作り、金属を流し込み、大量に作る手法)を取ればいいのにと言われることもあります。

ですが、ATELIER SAZANCAではこの手間暇のかかる製法を行っております。

「世界の一つだけの腕時計」

これを一番に考え、生産しているので、たくさん生産することを考えておりません。

また、「売上主義・利益主義」という経営方針でもございません。

一番に考えているのは、使ってくださるお客様の時計が、いつまでも「世界に一つだけの腕時計」であるということ。

この考えは絶対に変えないATELIER SAZANCAのコンセプト。

ですので、オンラインではご注文いただいてから製作するので、お届けまで時間がかかります。

また繁忙期の場合、長くお待ちいただきます。

「それでもATELIER SAZANCAの腕時計が欲しい」

そう言ってくださるお客様は現在ではたくさんいらっしゃいます。

ATELIER SAZANCAのコンセプトをしっかり理解していただき、本当に嬉しく思います。

ATELIER SAZANCAのコンセプトをご理解いただけない場合、他社様の時計をおススメすることもございます。

お客様にとって最適な腕時計をご購入いただくことが、製造者としての使命だとも考えております。

だからこそ、他社様の腕時計をおススメすることがあるのです。

これは今後も変わらないATELIER SAZANCAのポリシー。

この気持ちをご理解いただけますと幸いです。

2017年07月09日