手作り腕時計の作り方

本日は、ATELIER SAZANCAがどう腕時計を製作しているのか、写真を使ってご紹介。

ATELIER SAZANCAではムーブメント・針・リューズ以外のパーツを全て手作りで製作しています。

たまに針とリューズも製作しますが、メーカー品を使用することが多いです。

ATELIER SAZANCAの腕時計の作り方、最初は原材料から簡単にご紹介しますが、時計本体・裏蓋・バックルは金属の板と金属棒から作り出します。

写真で見るとわかりやすいかと思います。

 

金属の板を裁断し、丸くしたものをロウ付けしています。

この時、しっかり○にしないと時計として使いにくくなってしまいます。

ATELIER SAZANCAでも人気のxoxoシリーズは楕円形なので、xoxoシリーズはとても作りにくい構造となります。

>>xoxoシリーズはこちらをご覧ください。

○にロウ付けが完成したのがこちらです。

 

綺麗な円になっています。

この円にする技術、熟練された経験が必要となります。

この後、時計とベルトを繋げるラグというパーツのロウ付けになります。

 

上記写真はラグを取り付けた後のモノ。

このラグをどんな形にするかで全然雰囲気が変わります。

このラグが完成したら、次に裏蓋製作。

裏蓋も金属の板を加工し、密着性の高いモノを製作します。

上記写真のモノはすでに裏蓋が装着されています。

裏蓋を製作する技術があると、どんな形の裏蓋でも製作が可能になります。

これはATELIER SAZANCAにとって重要な技術。

この後に、レンズの製作があります。

レンズもATELIER SAZANCAでは独自に製作が可能なので、どんな時計でも作ることが可能。

 

写真はレンズが出来、装着したものです。

クリアなモノ、そして傷つきにくい材質でレンズを製作するようにしています。

その後、文字盤の製作。

文字盤は立体的なモノを製作したり、平面のモノを製作したりと、アイデア次第で自由自在です。

その後、ムーブメントの組込、針乗せとなります。

針のサイズをピンセットの先っぽと比べてみてください。

 

これだけ小さいんです。

たまに落としたりします。

落とした場合は、床をくまなく探します。

この瞬間はちょっと肩を落としますよね(笑)

そして、ベルト裁断と染色。

 

右は染色前です。

現在、ATELIER SAZANCAはベルトカラー全18色からお選びいただけます。

オンラインショップでは全15色。

あまり出ない色もあれば、人気のある色もそれぞれです。

そして、ステッチの手縫い。

 

まっすぐ綺麗にステッチが縫われています。

これ、全て手縫いで行っています。

そしてこの後、組み立てを行い、完成です。

まだまだ複雑な工程があるのですが、それは今度ATELIER SAZANCA公式YouTubeでご紹介しようかと思います。

 

今日のブログの写真はATELIER SAZANCA発足時の写真を使用しました。

現在ではもっとクオリティーが向上され、様々な腕時計が誕生しています。

昨日ご紹介した懐中時計。

 

当時はこんな形の懐中時計をよく製作していました。

今日お話しした製作を体験することが出来るワークショップをATELIER SAZANCAでは開催しております。

>>体験教室の詳細はこちらから

あなたも腕時計を手作りしてみてはいかがでしょうか?

2017年06月10日